読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月かげ139号

真理(しんり)は一つ、

聖者たちはそれをさまざまの名で呼ぶ

 

 

 リグ・ヴェーダ

 

去る六月十五日の朝、旧友の、シンガポール、ラーマクリシュナ・ミッションの副院長、スワーミー・サッティヤローカーナンダ師が、光明寺を訪れました。ラーマクリシュナ・ミッションは、世界各地に支部を置く、インドで最大にして、最も権威のあるヒンドゥー教の宗教団体です。

師は、九州の西山浄土宗寺院の出身であり、西山(にしやま)哲(てっ)昭(しょう)師(元宗務総長)のいとこにあたりますが、若い頃から真理(しんり)を求める思い深く、ついに一九七六年、インドのラーマクリシュナ教団入門、長年の修行を経て、現在、シンガポール僧院の副院長として、霊性の奉仕活動を続けておられます。

ここ数年、六月にほぼ一カ月、日本に滞在して講演等の活動をされており、今回の訪問となりました。

光明寺では、まず御影堂(みえどう)と阿弥陀堂で、しばらくお祈りを捧げた後、日下(くさか)俊(しゅん)精(せい)宗務総長と、インド、シンガポール、日本の、幼児教育や福祉事情、日本仏教の現状と展望などについて歓談され、和(なご)やかなひとときを過ごされ、さわやかな印象を残し、来年の再会を約束して、本山を後にされました。

普遍(ふへん)宗教の真理は一つ・・・。

私たちは、阿弥陀仏に帰依し、極楽世界(真理の世界)に至るのです。

南無阿弥陀仏    合掌