読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月かげ第155号

浄土門 ここにはじまる 照(てる)紅葉(もみじ)

 

 

 

鈴(すず)鹿野(かの)風呂(ぶろ)

 

 

 

今年も紅葉の季節を迎えました。

ご本山のもみじも少しずつ色づいて参りました。去る十月二十六日、ご本山では第七七〇回の西山忌が厳修されました。私は初めて称讃(しょうさん)導師(どうし)を勤めさせて頂きました。

さて、西山上人のみ教えは、安心(あんじん)の上(うえ)の起(き)行(ぎょう)に極まります。

安心(あんじん)とは、阿弥陀仏に救済され切った心持ちをいいます。つまり、宗教的安心(あんしん)です。

起(き)行(ぎょう)とは、起(た)ち行(はたら)くという意味です。一つには自ら念仏を唱えること。二つには、ひとに念仏を伝えること。三つには、安心(あんじん)を得(え)て自らの使命に生きるということです。

西山の念仏は歓喜(かんぎ)の念仏、また感謝の念仏といわれます。

      西山上人御詠(ぎょえい)

生きて身をはちすの上に宿さずば

念仏申す甲斐(かい)やなからん

この世には苦しいことや悲しいことや辛(つら)いことが多くあります。しかし、夜明けの来ない夜はない、春の来ない冬はない、といわれるように、必ず未来は開かれてゆきます。 

苦しいときも、悲しいときも、よろこびのときも、阿弥陀さまが必ず寄り添って見(み)護(まも)ってくださることを忘れずに歩んで参りましょう。

南無阿弥陀仏     合掌