月かげ第207号

念(ねん)彼(ぴい)観音力(かんのんりき)

 

 

        

灯りをつけましょ ぼんぼりに~♪

お花をあげましょ 桃のはな~♬

桃の花が咲く季節となりました。

いよいよ、三月二十三日(火)、年に一度の聖(しょう)観世音(かんぜおん)菩薩(ぼさつ)さまの御開帳(ごかいちょう)です。綺麗に修復された聖観世音菩薩さまと三十三体の観音さまもお目見えです。今年は旧初午の日が三月の後半ということで、暖かい日になりそうです。

正徳(しょうとく)二年、紀州下津浦に住むご先祖さま方は着物を着て、どのような生活をされていたのか想像されます。電車もない時代に海から白い帆の船が港に入って来て、紀州徳川の長保寺につながる参詣道へ徳川さまがお参りされていたのか・・・、西光寺は熊野古道へ続く、藤白神社との交流もあったとお聞きしました。

閻魔(えんま)堂の閻魔さんや四十八所(しじゅうはっしょ)神社の横の神宮寺であった西光寺さまの阿弥陀さまとお薬師さま(指定文化財)、そして岸根(きしね)のお地蔵さまも御開帳です。経机に入っていた古い法華経や行灯(あんどん)等も展示します、古墳の中にも入ってご覧ください。考古学の先生が調査して下さった塀(へい)に並べられた瓦(かわら)や観音堂に使われた古い瓦も、とても貴重な文化遺産となりました。

例年どおり、『ななとこ参り』の方々も早朝よりお参りになると思います。いつの時代も観音信仰は途切れることなく、続きます。

そして、私たちの心のささえです。

どうぞお参り下さい。        

 

   南無阿弥陀仏     合掌  ⓢ

月かげ第206号

オンコロコロ

センダリマトウギソワカ

               お薬師さま真言

 

 

まもなく、節分、そして立春です。

今年のお講(御忌)は午前中だけでした。十時開始で、最初に法然上人さま第八百十回御忌のお勤め、そして、新亡の御回向をして、檀信徒の総回向、その後、住職が一席だけお説教をしました。いつもはテーブルを囲んでお弁当を食べ、当番の地区の檀家さん方がお味噌汁やお茶を振舞ってくださるのですが、コロナ禍なので、お持ち帰りとなりました。

コロナ禍がいつまで続くのかと、そんな話題でもちきりですが、よいニュースもあります。それは一極(いっきょく)集中(しゅうちゅう)だった東京から田舎に引っ越す方々が増えたことです。田舎のよさも見直して、のんびり空気のよい所で暮らしたい、子育てしたい、という若者も増えて来たとのことです。

インターネットを使った便利なテレビ電話で海外にいる人とも簡単に無料でお話が出来る時代が来たのです。実際、イギリスやドイツに暮らしている子供たちと、毎日話しているという檀家さんもいます。ほんの三十年前には高額で手の届かなかった携帯電話が格安で使えるようになりました。

もっともっとすすんで、家族バラバラの生活も、変わるといいなぁと思います。転勤族(てんきんぞく)もなくなるかもしれませんね。

 来月の旧初午の観音会式には、修復された聖(しょう)観音(かんのん)さまの御開帳があります。

いろいろな意味で、コロナ禍を上手に乗り越えて、さらに幸せな生活の実現に近づき、皆が笑い合える日になるように、念願致します。

念(ねん)彼(ぴい)観音力(かんのんりき)・・・・         ⓢ

   南無阿弥陀仏     合掌

月かげ第205号

学佛(がくぶつ)大悲(だいひ)心(しん)

 

                                                                「帰三宝偈(きさんぼうのげ)」より

 

新年おめでとうございます。

年頭にあたり、本年が皆さまにとりまして、よき一年となりますことを、心より祈念致します。

昨年は、コロナ禍によって、一般に明るい一年とは言い難かったと思います。しかし、当山におきましては、観音堂の大修理が完成し、大佛師・松本明慶先生の工房にお預けしていた観音堂御本尊の聖(しょう)観世音(かんぜおん)菩薩(ぼさつ)さまなど、全三十七体のみほとけさまがお戻りになり、十一月二十日から二十四日まで、五重相伝(五日間)を無事厳修(ごんしゅう)させて頂くことが出来ました。

ありがたき勝(しょう)縁(えん)であったと、心より御礼申し上げます。

さて、今年はどのような一年になりますでしょうか。ただ一つはっきりしていることは、私たち念仏者は、今年も阿弥陀さまと二人連れの人生を歩んでゆくばかりだということです。阿弥陀さまは、時には母のように私を包み、時には、心の中から勇気を発動し、時には、そっと見守ってくださいます。

今年も、お念仏をよろこびながら、明るく楽しい人生を、力強く歩んで参りましょう。

なお、三月二十三日には、観音堂落慶(らっけい)法要をかねて、盛大に旧初午観音会式を厳修する予定です。

皆さま、どうぞ楽しみにお参りください。


 南無阿弥陀仏   合掌  

月かげ第204号

法(ほう)の楽しみは

すべての楽しみにまさる

 

法句(ほっく)経(きょう)

 

冬が近づいて参りました。

去る十一月二十日(金)から二十四日(火)まで阿彌陀寺におきまして十五年八ヶ月ぶりの五重相伝を厳修致しました。

十一月二十四日、快晴に恵まれて、受者四十一名、無事満座を迎えることが出来ました。コロナ禍の中、よく円成(えんじょう)させて頂けたと深く感謝しております。

組寺の方丈さま方九名の御随喜(ごずいき)のもと、私と随仁の十一名の僧侶で配役を勤めさせて頂きました。五日間、午前八時十五分から午後四時前まで、最終日はお昼前に解散という差(さ)定(じょう)(式次第)通り、連日のお天気にも助けられて、ソーシャルディスタンスを心掛けて勤めました。

朝は検温とアルコール消毒、トイレもペーパータオルを置いて、お茶は紙コップを使い、昼食は八割の方がご自宅で一時間十五分の休憩をとりました。地元の檀家さんがほとんどで、徒歩や自転車、バイクの利用で、駐車場も丁度でした。

四十一名の受者の皆さまに、無事、法然上人、西山上人のご本願のお念仏が相伝されました。

初日は開(かい)白(びゃく)法要を勤め、五重相伝という仏縁に恵まれた歓(よろこ)びについてお説教をさせて頂きました。二日目は懴悔(さんげ)・剃度式(ていどしき)。三日目は正伝法(しょうでんぼう)。四日目に蓮華(れんげ)座(ざ)に座って往生人(おうじょうにん)となって頂きました。五日目の満座法要で血脈(けちみゃく)を授(じゅ)与(よ)し、お礼拝(れいはい)をもって五日間の全日程を終了致しました。

満座(まんざ)の日の、雲一つない晴れ渡った快晴の空が、みほとけさまのお心を象徴しているように感じました。感謝と懴悔、法の歓びに包まれた如法な五日間でした。

南無阿弥陀仏        合掌  

月かげ第203号

念ずれば花ひらく

            坂村真民

 

 

去る九月三十日、無事、ご本山における八年間の内局の任期を満了し、阿彌陀寺に帰って参りました。

現在は、週に二回、ご本山に隣接する京都西山(せいざん)短期大学に、京都西山(せいざん)学園(がくえん)の理事長として出勤しています。

理事長の仕事は、京都西山(せいざん)短期(たんき)大学(だいがく)、京都西山(にしやま)高等学校(全日制・通信制)、向陽(こうよう)幼稚園の三校の円満な交流と発展を図り、地域の皆さまへ、三校の様々な事業の実践を通じて貢献すべく、その仲立ちの仕事をしています。

自分の体調と生活リズムを考えますと、週に二回の出勤が丁度いいように思います。現実には嘱託(しょくたく)職員(しょくいん)といったところですが、阿弥陀寺の法務はほぼ随(ずい)仁(にん)が担当するようになりましたので、ご恩返しのご奉公と思って仕事をさせて頂いております。

阿彌陀寺では今月、五重相伝を厳(ごん)修(しゅう)致します。ソーシャルディスタンスで、常の五重と違い、換気(かんき)に気を付けたオープンな形になると思いますが、精一杯勤めたいと思います。受者は現在三十八名となっ ております。贈五重も、まだまだ受け付けております。

千載(せんざい)一遇(いちぐう)のチャンスです。次の開催(かいさい)は、いつとはお約束出来ません。まだ間に合いますので、迷っておられる方は、どうぞお申し込みください。

        南無阿弥陀仏   合掌 

月かげ第202号

彼(か)の岸(きし)に渡(わた)る

                仏陀の教え

 

 

暑い夏が終わり、みかんが色づく秋となりました。

いよいよ、五重相伝です、何年も前から計画して、東京オリンピックの年に、と考えていましたが、今年のオリンピックは中止となり、思わぬコロナ禍で、世の中が一(いっ)変(ぺん)しました。しかし、来年はコロナ禍でも、オリンピックは開催(かいさい)されると決まったそうで、よかったなぁ・・・と思います。

佛教の世界での幸せの定義(ていぎ)は、此(こ)の岸(きし)から彼(か)の岸に渡ること。つまり、仏さまの世界に大乗(だいじょう)の船に乗り、渡ることです。

そして、彼の岸に渡るということは、心の平安を意味します。心が穏(おだ)やかであること、これにつきます。

気持ちの持ち方で、その人の幸せは決まるといっても過言(かごん)ではありません。イライラしたり、わーわー泣いたり、心は常に変わります。どんな状況になっても、平常(へいじょう)心(しん)でいれること、それはなかなか出来ませんが、歳(とし)を取るほど、気が強くなると言います。

歳をとると、身体は弱くなるけど、気は強くなるそうです。

九十六歳まで生きた私の祖母は、毎日親しくしていた一番の友人が突然(とつぜん)亡くなっても、一言(ひとこと)、「寿命(じゅみょう)やな」と、泣きもしなかったことを思い出します。小学生だった、私や姉は、びっくりしたことを今も覚えています。 皆さまの周りにもそんな方はおられますか・・・。いつかそんな祖母に近づいて、あの世で会える日まで、心穏やかに、お念仏を唱えたいと思います。

南無阿弥陀仏   合掌 ⓢ

 

月かげ第201号

泥中(でいちゅう)不染(ふぜん)

 

              蓮の徳

            (泥の中にあって汚(けが)れることがない)

 

 

九月となりました。

お盆も無事に終わり、早、お彼岸です。

お盆に、ある檀家さんが久しぶりにお見えになりました。大病を患(わずら)われていたので、どうしているのか気になっていました。杖をついて、歩いてお見えになりました。相当きつい治療をしているのか、と思いましたら、半年ほどに前に、バイクに乗っていたとき、交通事故に遭って、バイクごと車に引きずられ、足首を二本骨折して、あっちこっち、五箇所も、折れていたそうです。

救急車の隊員さんも、「えらいきつい交通事故やな・・・」と心配するほどだったそうです。命が助かって、本当によかったねと話しました。

人生で、何度も何度も大変な目にあわれましたが、復活されました。

帰り際に、観音堂修復にと、御喜捨して下さいました。

十一月には聖観音さまと、三十三体の観音さまも修復され、お戻りになります。五重相伝を前に、あちらこちら片付けて、準備を始めました。

コロナ禍で、色々心配なこともありますが、檀家さん、お一人おひとりのお気持ちに支(ささ)えられて、一つひとつ、進んでいます。

九月のお彼岸、無縁さん供養を終えたら、いよいよ、五重相伝です。

GoToToravel(ゴーツートラベル)もありますが、どうぞ、阿弥陀寺の五重相伝にもご参加下さい。何度でも受けられます。

皆さまのご健康をお念じ申し上げます。

南無阿弥陀仏   合掌 ⓢ