読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月かげ162号

形見とて何か残さむ春は花

山ほととぎす秋はもみぢ葉

 

                 良寛和尚

 

 

 

梅雨が近づいて参りました。

さて、去る五月二十日の土曜日、総本山光明寺東京別院の第二十四回念仏のつどいに参加させて頂きました。その時の講演で松本明慶大佛師より伺ったお話の中で、印象に残っているお話を少しご紹介したいと思います。

タイトルは『仏心大器』でした。

一つ目のお話は、仕事に対して心が澄んでいるかどうかが大切である、心技体が無色透明でなければいけない、ということです。

そして、もう一つのお話は、先祖の最終ランナーが私であるということです。先祖の最終ランナーである私が、墓じまいをしたり、仏壇祀(まつ)りをやめるとき、先祖との絆が断ち切られてしまうということです。先祖は私を見ている、そして、護って下さっている。その先祖との絆を自ら断ち切るということは、自分のいのちの根源との断絶を意味する、ということでした。

先祖への供養を捨て、自らご先祖さまからの御加護を切り捨ててしまうとき、幸福な人生を全うできるとも思われません。

お釈迦さまのお示しの如く、全ては因縁果の法則の中にあります。

透明な心で仕事をし、ひとに接し、さらにご先祖さまの最終ランナーである私を自覚して、みほとけとご先祖さまに感謝の真(まこと)を捧げるとき、明るい人生が開かれてゆくのだと思われます。

今年の七月二十八日、本山の暁天講座で、明慶先生がお話されます。御聴聞をお勧め致します。

          南無阿弥陀仏  合掌

月かげ161号

和を以て貴しとなす

 

             聖徳太子十七条憲法より)

 

新緑の美しい季節となりました。

本山に隣接して京都西山短期大学があります。毎年、百名程度の新入生が入学しますが、半分は中国からの留学生です。私は役職上、京都西山学園の理事長となっていますので、入学式では祝辞を述べます。

今年の入学式で、檀上から新入生たちを眺めたとき、中国人留学生たちのこわばった表情が印象的でした。そこで、私は一般的な挨拶をした後、中国人留学生たちに向かって片言の中国語で「ニィ、シェンティハオマ?」と問いかけました。「お元気ですか?」という意味です。瞬間、彼らは背筋を伸ばし、花が咲いたかのように一様に、にっこり微笑みました。

この時、私は思いました。本心で向かえば必ず心は通じるということです。これは僧侶となって私が学んだことの一つです。大体のことは本心より語り合えば解決したり通じてゆきます。

西山上人は、白木(しらき)念仏(ねんぶつ)ということをおっしゃられました。この身このままの心で素直に唱えるお念仏を白木念仏といいます。

素直な心、本心で向かえば、国籍を超えて心が通じ合うということを学ばせていただいた瞬間でした。

南無阿弥陀仏  合掌

月かげ第160号

願わくは 花の下にて春死なん

そのきさらぎの 望月(もちづき)のころ

 

 

西行(さいぎょう)法師

 

四月になりました。

桜を始め、野山に花が咲いています。花は、ただそこに咲いているだけで人の心を慰(なぐさ)めてくれます。

さて、私が俳句を作るようになって丸二年が過ぎました。相変わらず才能は開花しませんが、作句についていくつか教えて頂くなかで、一つ、「あっ」と頷(うなず)いたことがあります。

それは、俳句は風景をそのまま句に写すことによって感情表現をするということで

す。感情そのものを俳句に詠(よ)んではいけない。風景によって感情を表(あらわ)す。例(たと)えば、「灯(ともしび)」と言えば、そこに、ただのあかりだけではない温(あたた)かさを感じ、「ふきのとう」と言えば、春の訪(おとず)れを感じるようにです。そして、作句を縁として気づいたことがあります。それは既にどなたかがおっしゃっていることかもしれませんが、私なりの発見です。

すなわち

  • 癒(いや)す者は癒される
  • 与える者は与えられる
  • よろこぶ者はよろこばれる

他にも

  • 微笑(ほほえ)む者は微笑まれる
  • 心開く者は心開かれる
  • 慰(なぐさ)める者は慰(なぐさ)められる
  • 助ける者は助けられる
  • 寄(よ)り添(そ)う者は寄り添われる  

自(みずか)ら行(おこな)う者は、同じくその恩恵を受けるという事実です。

曰(いわ)く、

如来を信ずる者は如来の御恵みにあずかる」(関本諦承(たいじょう)上人)

よろこべばよろこびごとがよろこんでよろこびあつめよろこびにくる

(善因善果のうた)

南無阿弥陀仏  合掌

月かげ第159号

阿弥陀仏、われを摂取したもうと

信ずるひとを念仏衆生という。

   

 

(範空上人)

 

春が近づいて参りました。

梅が咲き、水仙が咲き、木蓮の蕾がふくらんでいます。

私は今、本山で念仏の日暮らしを過ごしています。具体的に言いますと、堀本御法主(ごほっしゅ)と親しくさせて頂くなかで、毎日阿弥陀仏のお慈悲に感謝して暮らしているということです。それは、当然私ひとりにとどまることではありません。堀本御法主に接する多くの方々が、念仏のよろこびに浴(よく)し、阿弥陀仏に感謝しています。

善(ぜん)知識(ちしき)ということの大切さが身にしみます。そして今、自分が堀本御法主のおそば近くに侍(はべ)らせて頂けていることの幸いをしみじみと感じるのです。

本山での暮らしには、なかなか厳しいものがあります。時間に縛られ、自由は少ないです。難しい問題にも対応しなければなりません。

しかし、「学仏(がくぶつ)大悲(だいひ)心(しん)」、「慈悲(じひ)無敵(むてき)」、「同体(どうたいの)大悲(だいひ)」、「同事(どうじ)」の心で、ことに当たりますと、大概のことは解決致します。

しんどいことも多いですが、逆に、面白いなあ、ありがたいなあと思うことも多いです。

どのような宿縁(しゅくえん)のおかげさまか、堀本御法主にお仕(つか)えできる幸福をかみしめている今日この頃です。  

南無阿弥陀仏    合掌

月かげ第157号

正月の子供に成(なり)て見(み)たき哉(かな)

 

 

           小林一茶

 

 

 明けましておめでとうございます。

年頭にあたり、本年の皆みなさまのご健勝をお念じ申し上げます。

さて、年齢を重ねるごとに、新年を迎える心持ちも少しずつ変わって参りました。子供の頃は、厳かな気持ちをもちつつも、ただ嬉しく新年を迎えていたように思います。今は、世界と我が身の平安な日常が末永く続くようにという思いが強いように感じます。

昨年は、十月一日に宗務総長に就任し、また、年末には狭心症で入院するという変化の多い一年でした。

健康面も、いよいよ真剣に取り組まねばならない時期が来たことを痛感しています。

ご本山では、十二月十四日に、堀本御前さまの晋山式を厳修致しました。私は、四年間の任期を堀本御前さまにお仕(つか)えして、本願念仏の弘(ぐ)通(づう)、そして、浄土門根元地たるご本山と西山浄土宗の弥栄(いやさか)に寄与したいと考えています。

また、平成三十二年に当山の五重相伝を控え、少しずつ準備を進めて参ります。

昨年末の御前さまの晋山式、そして、自らの狭心症による入院を通じて感じたことは、弥陀の御加護の一言に尽きます。

晋山式の前日、十三日より当日十四日の午前三時までは、強い雨が降っていました。十四日の朝には雨は上がって青空となっておりましたが、まだ黒い雲がかかっていました。午前十時、開門式を終えた御前さまの行列が表参道の女人坂を上がって行く途中、ふと空を見上げますと、黒い雲が左右に分かれ、御本廟の上まで深く澄んだ青空が広がっておりました。このとき私は、仏天(ぶってん)の御加護ということを深く肝に銘じました。

また、十二月二十一日から二十三日にかけて、狭心症長岡京市済生会京都府病院に入院しましたが、このときには、いよいよ更に身を慎むべき時節が巡って来たことを強く感じました。

全ては弥陀のおはからい、御加護であることが身に染みます。

本年も皆さまと共に、お念仏をよろこんで参りたいと思います。

南無阿弥陀仏     合掌

月かげ第156号

 

阿弥陀仏、此(ここ)を去ること遠からず」

  

                   『仏説観無量寿経

 

 今年も師走となりました。

一年は本当に早いものです。そして、私自身にとりましては、今年は多くの方々との終(つい)の別れがありました。

「あっという間の人生、ちゃっとのうや」と随暢師匠が申しておりましたが、諸行は無常です。

年齢を重ねるごとに思うことは、やはり、信仰との巡り合いの大切さです。私がもし念仏と出遇っていなければ、どんな人生を過ごしていたかなあと思います。

阿弥陀さまと二人連れの人生、ちょうどよくないはずがない」と、師匠に教えられました。また、「夫婦は、信仰という同一方向を仰げ」とも教えられました。師の恩は深いと思います。

さて、一ヶ月程前のご本山の堀本御法主(ごほっしゅ)の御垂示(ごすいじ)に、「お釈迦さまのみ教えの究極は、心に感謝、身に合掌、口にお念仏です」というおことばがありました。これは、幼子(おさなご)にも通じるみ教えです。「心にありがとう、手を合わせ、口に、あん、とお唱えする・・・」

幼児期の信仰との出合いの大切さが思われます。振り返ってみれば、私の父方の祖父母も、母方の祖父母も、信心深かったように思います。

多くの善(ぜん)知識(ちしき)の方々との邂逅(かいこう)が、私の人生を形づくって下さっている・・・。

仏縁(ぶつえん)と仏(ぶっ)恩(とん)に思いを致す今日この頃です。

 

南無阿弥陀仏     合掌

月かげ第155号

浄土門 ここにはじまる 照(てる)紅葉(もみじ)

 

 

 

鈴(すず)鹿野(かの)風呂(ぶろ)

 

 

 

今年も紅葉の季節を迎えました。

ご本山のもみじも少しずつ色づいて参りました。去る十月二十六日、ご本山では第七七〇回の西山忌が厳修されました。私は初めて称讃(しょうさん)導師(どうし)を勤めさせて頂きました。

さて、西山上人のみ教えは、安心(あんじん)の上(うえ)の起(き)行(ぎょう)に極まります。

安心(あんじん)とは、阿弥陀仏に救済され切った心持ちをいいます。つまり、宗教的安心(あんしん)です。

起(き)行(ぎょう)とは、起(た)ち行(はたら)くという意味です。一つには自ら念仏を唱えること。二つには、ひとに念仏を伝えること。三つには、安心(あんじん)を得(え)て自らの使命に生きるということです。

西山の念仏は歓喜(かんぎ)の念仏、また感謝の念仏といわれます。

      西山上人御詠(ぎょえい)

生きて身をはちすの上に宿さずば

念仏申す甲斐(かい)やなからん

この世には苦しいことや悲しいことや辛(つら)いことが多くあります。しかし、夜明けの来ない夜はない、春の来ない冬はない、といわれるように、必ず未来は開かれてゆきます。 

苦しいときも、悲しいときも、よろこびのときも、阿弥陀さまが必ず寄り添って見(み)護(まも)ってくださることを忘れずに歩んで参りましょう。

南無阿弥陀仏     合掌